シティカードで保険を延長する裏技

クレジットカードに海外旅行保険が無料で付帯されることはよく理解していただけたと思います。
それではこのクレジットカードの保険の有効期間は、一体どれぐらいあるものでしょう?

答えは、90日間です。
通常のクレジットカードの保険適用期間はほぼどれも90日間と思っていただいて間違いないと思います。
普通はこれだけの期間補償がついていればまず問題ないことでしょう。

しかし中には90日以上、海外に滞在される方もいらっしゃると思います。
実はそんな方に、とっても役に立つのが「シティクラシックカード」なのです。
ここではシティクラシックカードを使った裏技をお教えします。

まずはシティカードのホームページより

※ 例えば海外旅行に行く場合、空港に行くまでのタクシー、リムジンバス、鉄道料金等、公共交通乗用具の料金や、宿泊を伴う募集型企画旅行の料金をシティカードでお支払いいただくだけで、旅行保険が適用になります。
また海外に行ってから、公共交通乗用具の料金をシティカードで支払えば、その時から保険が適用されます。

実はシティカードの場合、旅行保険を有効にするには、旅行代金の一部をカードで支払わなければなりません。

普通ですと、ちょっとわずらわしいと感じますが、逆にこの事を有効に使うわけです。

裏技

つまりまず海外旅行先に、シティクラシックカードとそれ以外の海外旅行保険付きクレジットカードを持っていきます。
最初は絶対にシティカードで代金の支払いなどはしないでください。
まずは他のクレジットカードの保険を90日間有効にさせておきます。

そして90日後にシティクラシックカードでタクシーやバス代などを支払えば、その時点からさらに90日間補償が延長されるのです。

これは結構使える技ですので、ぜひ覚えておいてくださいね!

シティカードの詳細・申し込みは>>シティクラシックカード

Copyright © 2006 クレジットカードで海外旅行保険をゲット!. All rights reserved