補償額が合算できる保険

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険。
合算保険内容 これらの旅行保険は、クレジットカード1枚持っていてもかなり手厚い補償額を得ることができますが、複数枚持つことでさらにアップすることができます。

実はクレジットカードに付帯されている海外旅行保険というのは、合算できる補償とできない補償とがあるのです。

これらの内容を把握し、補償を上手く使ってくださいね。

海外旅行保険で補償額が合算できるもの

クレジットカードに付帯されている保険で合算できるものが、「治療費用」「救援者費用」「賠償責任」「携行品損害」の4つです。

これらの補償は、所有しているクレジットカードの補償額すべてが合算されて受け取ることが可能です。
以下に当サイトでおすすめしているクレジットカードの補償額をまとめましたのでご覧ください。

  傷害死亡
後遺障害
治療費用 救援者費用 賠償責任 携行品
オリコカードUpty 2000万円 200万円 200万円 2000万円 20万円
シティクラッシックカード 3000万円 100万円 50万円 -- 30万円
カルワザカード 2000万円 200万円 -- 2000万円 20万円
VIASOカード 2000万円 100万円 100万円 2000万円 20万円
My Sony Card 2000万円 100万円 200万円 2000万円 20万円
補償合算額 3000万円 700万円 550万円 8000万円 110万円

いかがでしょうか?これらの補償額が実に無料で付帯されるのです。

クレジットカードの達人と呼ばれる人たちは、皆さん利用している方法ですので、ぜひ覚えておいてくださいね。


海外旅行保険で補償額が合算できないもの


上の表をご覧いただけばお分かりのように、クレジットカードの補償のうち、合算できないのが「死亡・後遺傷害」です。 これは所有しているクレジットカードのうち、一番高い金額が補償額になります。

保険内容

しかし「死亡・後遺傷害」というのは、多くの人が加入している生命保険で補償されますので、ある意味それほど大きな補償額は必要ないかもしれませね。

Copyright © 2006 クレジットカードで海外旅行保険をゲット!. All rights reserved